高野山金剛峯寺(和歌山県)の松長有慶座主らが22日、京都市左京区の工房で朝青龍関をモデルにした仏像に願いを込める「願文」を書き入れた。

 仏像は「多聞天」で、今村九十九さん(58)が制作。松長座主は像の胎内の胸部分に、人を救済するという意味を持つ仏教の言葉「与楽」を筆書きした。

 松長座主は「強い者をさらに強い力でねじ伏せる朝青龍関のイメージを重ねた」。ライバル白鵬関がモデルの「広目天」も同じ工房で制作されたという。

【関連記事】
日本三大虚空蔵尊 圓蔵寺「七日堂裸まいり」
奈良の大安寺遷寺1300年 国際交流の歴史アピールへ
海龍王寺・五重小塔に希少な朱顔料 天平創建期は色鮮やか?
お寺に萌え看板 了法寺「若い男性参拝者増えた」
仏像内から室町期の菩薩画 愛知・天恩寺「重文級資料」

「空間」が売れる!! 短期OK 手軽に利用(産経新聞)
インプラント再使用問題、問い合わせ150件(読売新聞)
東京芸術劇場の外部チケットサイト「ガンブラー」感染(産経新聞)
<センター入試>最大15.76点差 得点調整はなし(毎日新聞)
強盗致傷などで山口組淡海一家の幹部ら11人逮捕(産経新聞)
AD