防衛省が秘密を含む情報に接する隊員を対象に、任意の内部調査の段階でもポリグラフ(うそ発見器)検査に協力するという趣旨の誓約書を書かせていることについて、北沢俊美防衛相は22日の閣議後会見で「前政権の時に決めた話」と述べたうえで「極めて秘匿性の高い任務を遂行しているので、心構えとしてあらかじめ誓約しておくのは(情報漏えいの)抑止力になる」との見解を示した。

 07年に起きたイージス艦情報流出など情報漏えいが相次いだため同省は09年度、内局や情報本部などの隊員に誓約書の提出を求めたが、一部の隊員から「初めから犯人扱いはおかしい」と反発する声が上がっている。【樋岡徹也】

【関連ニュース】
サイバー攻撃:対処担う「企画調整官」新設…防衛相が意向
安保改定50周年:日米の外務・防衛担当閣僚が共同声明
ハイチ大地震:自衛隊派遣準備を指示 防衛相
海上自衛隊:インド洋での給油活動が終了
普天間移設:辺野古は困難…防衛相「越年で覚悟」

屋外でヌード撮影容疑、篠山紀信氏書類送検へ(読売新聞)
前の車にピタリ、ETCのバー不正通過460回(読売新聞)
情報漏えい調査に「うそ発見器」=職員から協力の誓約書-防衛省(時事通信)
<雑記帳>飼い犬に「犬の住民票」を発行 東京・板橋(毎日新聞)
外国人参政権、谷垣氏も「反対」(産経新聞)
AD