連合の古賀伸明会長は21日の記者会見で、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる事件が夏の参院選に与える影響について、「(内閣支持率が急落するなどの)世論調査の結果が出ており、これがずっと続けば、影響があることは間違いない」と懸念を表明した。
 古賀会長はまた、「(東京地検特捜部の事情聴取に)小沢幹事長が応じるとされ、いろいろな事実や表に出ていないことが明らかになることで、世論がどうなるのか。今は見守るしかない」と指摘。ただ、小沢氏の進退に関しては「コメントする立場にない」と述べるにとどめた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

ネットワークは粘菌に学べ 単細胞でも効率的な経路形成(産経新聞)
<小沢幹事長>虚偽記載関与を否定 聴取後に会見、文書配布(毎日新聞)
地域差考慮した医療改革のデザインを―産科婦人科学会(医療介護CBニュース)
<政権公約を実現する会>「政治団体」として届け出の方針(毎日新聞)
インプラント再使用問題、問い合わせ150件(読売新聞)
AD