車内に覚せい剤を隠し持っていたとして、覚せい剤取締法違反(所持)の罪に問われた北九州市の無職男性(36)の判決が26日、名古屋地裁であり、村瀬賢裕裁判官は無罪(求刑・懲役3年6月)を言い渡した。

 男性は、2008年9月、名古屋市南区の乗用車で覚せい剤約0・03グラムを所持したとして起訴された。

 男性は「職務質問を受けて逃げた間に、警察官や第三者が車内に置いた」と無罪を主張し、判決は「男性以外が車内に置いた可能性を否定できず、覚せい剤を所持したとまでは言えない」と判断した。

東国原知事の活躍そのまんま教科書…「時事英語」で紹介(スポーツ報知)
都予算原案 石原知事会見「知恵を絞り汗かいた」(産経新聞)
ハイチPKOに自衛隊派遣=大地震被害に7000万ドル支援へ-平野官房長官(時事通信)
サイト利用料を架空請求=詐欺未遂容疑で15人逮捕-警視庁など(時事通信)
<神戸ポートタワー>改修工事進む 3月下旬にリニューアル(毎日新聞)
AD