厚生労働省の補助金5110万円を不正受給したとして、補助金適正化法違反罪に問われた社会福祉法人「全国精神障害者社会復帰施設協会」(全精社協)の会長高野修次被告(56)らの初公判が21日、大阪地裁(並河浩二裁判官)であり、同被告と元副会長上野一郎被告(50)は起訴内容を認めた。
 高野被告は罪状認否で「私が会長になる以前から(不正が)行われており、厚労省も認めていたので悪いと思わなかった」と述べた。
 検察側は冒頭陳述で、放漫運営を続けた全精社協の赤字を補うため、調査研究事業の補助金を運転資金に流用することが常態化し、高野被告らもそれを了承していたと指摘した。 

【関連ニュース】
余っても解約条項なし=輸入ワクチン、大量廃棄も
業界トップクラスに集中=就職先人気ランキング
ワクチン接種との関係調査へ=新型インフル、重い持病の死者
病院の耐震化率56.2%=164カ所、倒壊の恐れ
待機児解消は期待薄?=保育所面積の地方委任-7割が国上回る基準・23区、政令市

<脅迫容疑>交際迫った学生逮捕 少女宅全焼 大阪(毎日新聞)
【新・関西笑談】探せ未来の虎戦士(2)阪神スカウト 田中秀太さん(産経新聞)
情報漏えい調査に「うそ発見器」=職員から協力の誓約書-防衛省(時事通信)
小沢不動産事件で首相「起訴がないこと望む」(産経新聞)
雑記帳 IRISのロケ地・横手のかまくら、ソウルに出現(毎日新聞)
AD