仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相は24日、政治資金規正法違反事件で東京地検の事情聴取を受けた小沢一郎民主党幹事長の進退に関し「事件そのものが、ある種の決着が付いてくる時点で、世論の動向や地元の支持者などを見ながら、けい眼を持って判断するということではないか」と語った。
 仙谷氏は「(事件に対する)感じやイメージだけで、政治的な観点からこうすべきだ、ああすべきだという話にはならない」とも述べ、事実関係に基づいて判断する必要性を強調した。徳島市内で記者団に語った。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

<おいしくて甘~い>筆柿カレーが人気(毎日新聞)
「必ず解決」の使命感を=島根女子大生事件で献花-警察庁長官(時事通信)
名護市長選、移設反対の稲嶺氏が当選確実(読売新聞)
小沢氏の共謀が焦点、土地疑惑の解明詰め(読売新聞)
不正請求でグループホームの指定取り消し―三重県松阪市(医療介護CBニュース)
AD