【兵庫】川西市ゆかりの「金太郎」をモチーフにしたイメージキャラクター「きんたくん」にちなんだ弁当が2月から同市役所食堂「せせらぎ」のメニューに登場する。試食会で大塩民生市長は「ボリュームたっぷりで元気が出る」と太鼓判を押した。

 弁当は同食堂を運営するウエノビジネスグリル(本社・大阪府豊中市)が考え出した。同社の上野宏社長は「おいしくて元気の出る弁当にしたかった」。おかずは、豚肉のスタミナ焼きや、うなぎのかば焼き、とろろ芋などで、スタミナたっぷり。黒ゴマと青のりできんたくんの顔を描いたご飯、力うどんなどがセットになっている。米や豚肉、自然薯(じねんじょ)など、材料の多くを地元産にこだわった。

 大塩市長は「きんたくんグッズはたくさんできてきた。これからは食の分野でいろんな商品を作ってもらい、川西市にはおいしいものがたくさんあると知ってもらいたい」と話した。弁当は500円で、1日限定20食。食堂営業中(午前10時~午後6時)の販売。詳しくは同食堂(072・758・5287)へ。【衛藤達生】

【関連ニュース】
小学館漫画賞:一般部門「深夜食堂」 少年部門に「SKET DANCE」
柴咲コウ:「豚に癒やされます」“野菜カーペット”で記念撮影 映画「食堂かたつむり」
柴咲コウ:飛躍を誓う「昨年はくすぶってたので…」 映画「食堂かたつむり」ヒット祈願
暮らし・教育 『しあわせ食堂』=武内ヒロクニ+毎日新聞夕刊編集部
きんたくん弁当:かば焼き、とろろ…元気出るよ 川西市役所食堂、来月から /兵庫

全国議長会「参政権で地方の意見聴くべき」(産経新聞)
成人式 男2人を逮捕、式進行妨害の疑い 長崎・佐世保(毎日新聞)
<松阪市長>子ども手当支給へ…方針転換、予算計上 三重(毎日新聞)
復元運行決定のSL「C61」、修復作業に向け搬出 群馬(産経新聞)
過疎法の延長期間は6年=58市町村を追加指定へ-与野党合意(時事通信)
AD