ハイチの大地震で、自衛隊の国際緊急医療援助隊が21日、成田空港からチャーター機で出発した。ハイチを支援する数少ないNGO「ハイチ友の会」(甲府市)代表で医師、小沢幸子さん(35)も24日、日本赤十字社の救援チームの一員としてハイチに向かう。

 援助隊は医官14人を含む約100人。現地で被災者の救援活動に当たる。隊長の白川誠・1等陸佐は出発前、「被災者の視線に立った真心のこもった支援をして、苦しんでいる人の役に立ちたい」と語った。

 小沢さんは現地語のクレオール語が話せて、地理にも詳しい。1カ月間滞在し、医療活動もする予定。大学在学中にハイチでボランティア活動をしたことをきっかけに95年に同会を設立した。小沢さんは「ハイチと出会ったから医師になった。テレビで血を流している人を見ながら、何もできないもどかしさを感じていました」と話している。【斎川瞳、沢田勇】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:AMDA代表ら被災者支援に出発
ハイチ大地震:日本郵政、義援金送付無料に
ハイチ大地震:日本の専門料理店で募金 客から支援の声
ハイチ大地震:NGO「ハイチの会」ら募金活動 名古屋
日本ハイチ友好議連:支援方針を確認

<普天間移設>鳩山首相、改めて5月中の決着を強調(毎日新聞)
首相動静(1月21日)(時事通信)
石川容疑者「党の代表選を意識」 虚偽記載の動機供述(産経新聞)
7億円詐取容疑、近ツー元社員を逮捕(読売新聞)
ご注意!キャッシュバック偽装、実質ヤミ金(読売新聞)
AD