松野頼久官房副長官は20日の記者会見で、検察などによる取り調べを録音・録画する刑事訴訟法改正案(取り調べ可視化法案)について「今のところ、政府として(提出を)検討していることはない」と述べ、今国会で提出する予定はないと説明した。同改正案については、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体を巡る事件を受け、参院民主党の常任役員会が今国会での早期成立を目指す方針で一致している。【山田夢留】

【関連ニュース】
国会:衆院で各党が代表質問 野党が「政治とカネ」を追及
千葉法相:取り調べ可視化導入に意欲 韓国を視察
石川議員逮捕:弁護人、取り調べ全過程の可視化申し入れ
裁判員裁判:取り調べDVD証拠に 仏画強盗公判で名地裁
布川事件:証拠開示十分ならば結論変わっていた…元裁判官

<阪神大震災>神戸で追悼式典 皇太子ご夫妻、首相も出席(毎日新聞)
「オーシャンズ11」あこがれ、16歳窃盗団(読売新聞)
野党「異常事態だ」…議員辞職勧告も(読売新聞)
ヴィトン強盗団、今度は大阪!通行人目の前で正面ガラス割り侵入(スポーツ報知)
「異性関係ばらす」と女性脅す=町課長補佐、容疑で逮捕-和歌山県警(時事通信)
AD