内閣府地域主権戦略室は26日、都道府県から市町村への事務権限移譲を求めた政府の地方分権改革推進委員会(委員長・丹羽宇一郎伊藤忠商事会長)の第1次勧告を受け、勧告に盛り込まれた359事務の移譲の是非について3月19日までに回答するよう管轄する各府省に求めた。
 改革内容は、政府が今夏策定する「地域主権戦略大綱」に改革内容を盛り込む。
 08年5月の分権委第1次勧告では、64法律359事務の権限を、都道府県や大都市から市町村に移すよう提言。これにより、地域の実情を踏まえた行政サービスの向上などが期待される。主な事例は、▽身体障害者手帳の交付▽小中学校教諭の人事権▽開発行為の許可-など。 

【関連ニュース】
参院選、小沢氏が指揮=捜査は検察の政権つぶし
外国人参政権「絶対反対」=永住するなら国籍取得を
待機児解消は期待薄?=保育所面積の地方委任-7割が国上回る基準・23区、政令市
与党の予算重点要望要旨
「義務付け」見直し閣議決定=通常国会に地域主権一括法案

「学校に爆弾」とメール送信容疑、中3男子逮捕(読売新聞)
<名古屋市>住基ネット離脱へ 河村市長、総務相に伝達(毎日新聞)
石川容疑者の同期議員ら結成 「考える会」活動停止(産経新聞)
総予算215兆円に膨張=来年度案を国会提出-政府(時事通信)
<押尾学容疑者>女性死亡で無罪主張の方針 弁護人が会見(毎日新聞)
AD