追加経済対策を盛り込んだ2009年度第2次補正予算案は25日夜の衆院本会議で、与党3党と公明、みんなの両党の賛成多数で可決、参院に送付された。与党は参院予算委員会での審議を経て、28日の成立を目指す。29日に鳩山由紀夫首相の施政方針演説など政府4演説、これに対する各党代表質問を2月1日から行った上で、10年度予算案の審議に速やかに入りたい考えだ。
 衆院予算委は25日午後、首相と全閣僚が出席して、2次補正の締めくくり質疑を実施し、与党などの賛成多数で可決した。2次補正は雇用保険法、地方交付税法両改正案の関連2法案とともに、本会議に緊急上程され、可決された。
 自民、共産両党は2次補正に反対。公明、みんなの両党は厳しい経済情勢を考慮して賛成に回った。 

【関連ニュース】
前原国交相、自民の町村氏に激高=難題山積でいら立ち?
外貨準備の適正規模調査=圧縮なら円高助長も
十数年秘書任せ、報告書見ず=政倫審「小沢氏が判断」
小沢氏の国会招致に消極的=鳩山首相

<俳人協会賞>榎本さん「祭詩」、栗田さん「海光」に(毎日新聞)
首相の判断に影響と民主=現行案、自民も困難視(時事通信)
統一教会大分教会など捜索=特定商取引法違反容疑-県警(時事通信)
<訃報>江口浩司さん82歳=作曲家(毎日新聞)
青木氏“ゾンビ出馬”…「古い自民」変わらず(スポーツ報知)
AD