神奈川県は21日、同僚の女性職員にセクハラ行為をしたとして、総務部の男性非常勤職員(65)を停職1カ月の懲戒処分にした。

 県によると、男性は昨年7月ごろから9月中旬ごろにかけ、同じ業務に従事する女性の二の腕やふくらはぎをつまむように触ったり、手の甲に手を重ねたりする行為をそれぞれ5、6回繰り返すなどした。

 9月17日に女性が上司に訴えて発覚。男性は事実関係を認めているという。

【関連記事】
セクハラで娘自殺、両親がリゾート施設に賠償求め提訴
キャバ嬢の悩み赤裸々に 労組立ち上げの背景
手足を縛り…実習の短大生にセクハラ 知的障害者施設の職員停職
三重県職員が共有ソフトでガンダム違法公開、容疑で逮捕
上司の印鑑を勝手に 神奈川県職員を減給「作成遅れて…」

MDMA受領認める=押尾容疑者、泉田被告から-女性急変時刻、徐々に訂正・警視庁(時事通信)
NHK、視聴者への不適切対応で担当者契約解除(読売新聞)
ハイチ大地震 現地で活動、熊谷さん帰国「水と食糧必要」(毎日新聞)
普天間移設争点、名護市長選が24日投票(読売新聞)
<福岡市>「うまかもん」満喫ツアー 「福たび」を発売(毎日新聞)
AD