自民党大会を翌日に控えた23日、東京・永田町の党本部1階ロビーには党員向けの屋台や出店が並び、大島理森幹事長がお好み焼き作りに腕を振るった。

 「料理は卵焼き程度」という大島氏だが、生地を返す手つきはなかなかのもの。周囲からは「与野党もひっくり返して」と声が飛んだ。1枚100円で販売し、収益はハイチ大地震などの義援金にあてる。

 同じころ、近くのホテルでは小沢一郎民主党幹事長の事情聴取が行われていた。「政治とカネ」問題といえば自民党政権の悪癖だっただけに、今回は汚名を返上するチャンス。大島氏は「庶民派」のアピールに懸命だった。【木下訓明】

<J1川崎>川崎市へ5千万円寄付…ナビスコ杯表彰式問題(毎日新聞)
ゲーム喫茶60万円強盗、3容疑者逮捕 車ナンバーでアシ(産経新聞)
<訃報>土方与平さん=秋田雨雀・土方与志記念青年劇場顧問(毎日新聞)
<年金不正後払い>旧社保庁担当者ら218人厳重注意処分(毎日新聞)
民主党が“検察リーク”対策チームを立ち上げ(産経新聞)
AD