23日午前4時50分頃、大阪府警南署(大阪市中央区東心斎橋)2階の保護室(4・5平方メートル)で毛布が燃えているのに、監視カメラを見た署員が気付き、消火器で消した。

 毛布のほか、コンクリートの床や壁計約1平方メートルが燃えた。室内には大阪市中央区道頓堀東、自称無職の平坂政春容疑者(50)しかおらず、同署は平坂容疑者が持っていたライターで火をつけたとして、現住建造物等放火容疑で現行犯逮捕した。平坂容疑者は「何のことかわかりません」と否認しているという。

 発表によると、平坂容疑者は同日午前3時50分頃、泥酔状態で署を訪れて騒いだたため、保護室に収容されたという。府警の内規では危険物を室内に持ち込ませないよう所持品を点検することになっているが、同署は「暴れるなどし、よく確認できなかった」と説明している。

<裾野市長選>大橋俊二氏が5選(毎日新聞)
大阪・槙尾川ダム 継続か中止か悩む橋下知事(産経新聞)
【ファッション・ナビ】発想を形に学生奮闘(産経新聞)
<足利事件再審>菅家さんテープ 否認後再び「自白」、号泣(毎日新聞)
積み立ては妻子名義=事務所でも現金保管-小沢氏資金(時事通信)
AD