通常国会が始まった18日、自民党代議士会で、若手の江藤拓衆院議員が「新党を作るという話は一切、封殺してもらいたい」と発言した。

 江藤氏は「相手がボロボロになっている時に、我々が分裂すれば喜ぶのは民主党だ」と続け、野田聖子・前消費者相らが「そうだ!」と応じた。

 自民党は年明け以降、舛添要一・前厚生労働相や中川秀直・元幹事長が政界再編に言及している。しかし、民主党の小沢幹事長の資金管理団体を巡る事件で鳩山内閣の支持率が急落し「想定よりいい状況で国会がスタートした」(中堅)と、反転攻勢への期待感が出てきた。江藤氏の訴えは「民主逆風」で勢いづく自民党内の空気を反映したものと言えそうだ。

 これに対し、舛添氏は18日、江藤氏の発言に関し記者団に「そういうことを言っているからダメなんだ」と述べ、“敵失頼み”の党の現状に苦言を呈した。

<足利事件>92年12月7日の地検聴取テープ(3)(毎日新聞)
書道 平安中期の藤原佐理の書状を初公開 広島県福山市で(毎日新聞)
<人工歯根>豊橋市保健所に問い合わせ殺到 使い回し疑惑で(毎日新聞)
小沢氏 聴取23日に 「4時間程度」地検が伝達(毎日新聞)
<人事>最高裁(25日)(毎日新聞)
AD