日本に在留する中国人の女を不正に旅館に派遣し、働かせたとして、中国籍でブローカーの男(33)ら5人が逮捕された事件で、警視庁組織犯罪対策1課などは25日、入管難民法違反(不法就労助長)容疑で、富山・宇奈月温泉の老舗旅館「延楽」の男性社長(59)=黒部市=を書類送検した。
 女の在留資格を不正に変更したとして、同法違反(資格外活動)ほう助容疑で、男性行政書士(70)=東京都墨田区=も書類送検した。
 同課によると、いずれも容疑を認め、社長は「途中で気付いたが、人手不足で見て見ぬふりをした」と説明。2年前から延べ約15人の中国人を働かせたという。 

【関連ニュース】
在留資格不正取得で裏ビジネス=フィリピン人ニューハーフに
行政書士と妻逮捕=架空会社で中国人雇用
元従業員の男逮捕=会社役員殺害容疑
入管汚職、再発防止に全力=千葉法相
偽装認知容疑で初逮捕=子に日本籍、比国人女ら2人

張り切る輿石幹事長代行 小沢氏擁護に東奔西走(産経新聞)
日航墜落犠牲者の親族「会社生まれ変わって…」(読売新聞)
小沢事務所 別工事でも受注謝礼要求 年2000万円(毎日新聞)
陸山会土地購入 水谷建設「さらに千数百万円」小沢氏側に(毎日新聞)
青森ねぶた師 収益確保目指し研究所発足、後継者難克服へ(毎日新聞)
AD