東京地検特捜部の聴取要請から20日近くを経て、23日に実現する民主党の小沢一郎幹事長への事情聴取。4時間程度の予定だが、特捜部は、単に小沢氏の主張を確認するだけでなく、これまでの小沢氏側の説明への疑問点を確認し、矛盾を突く構えだ。限られた時間での激しい応酬が予想される。

 最大の焦点は、小沢氏の資金管理団体「陸山会」の土地購入に充てられた4億円の原資の説明だ。聴取時間の多くが、この点に費やされることになりそうだ。

 小沢氏側の関係者によると、小沢氏は、信託銀行の妻子名義の口座から引き出した資金など、当時保有していた4億数千万円の個人資産から用意したと説明するとみられる。

 これに対し、特捜部は多額の現金を長期間、自宅などで保管していたのは不合理とみて、理由をただす方針。また、特捜部は中堅ゼネコンの水谷建設(三重県桑名市)からの裏献金が含まれるとみている。

 陸山会の代表者である小沢氏が、元秘書らの虚偽記載をどこまで認識していたかについても確認する。逮捕された衆院議員の石川知裕容疑者(36)ら3人は、いずれも小沢氏への報告や了承などを否定。小沢氏も認識を全面否定するとみられる。

 小沢氏側は1回限り聴取に応じるとしているが、特捜部が説明内容に疑問点が多いと判断すれば、再聴取を要請することもあり得る。

【関連記事】
民主「広がる不安感」選挙や国会への影響懸念
小沢氏を任意聴取 東京地検
小沢氏余裕「いつでも説明」 潔白と権力保持へ強気
小沢氏聴取、焦点は「関与」「原資」
ほころび目立つ小沢氏の主張 3年前の釈明会見を検証する

山口組淡海一家の幹部ら8人逮捕 滋賀県警(産経新聞)
鳩山首相、イバラの道 責任論は必至(産経新聞)
線路に自転車、列車衝突=JR日豊線-大分(時事通信)
「関西一の女相場師」に懲役3年求刑(産経新聞)
「政治とカネ」集中審議は不要=平野官房長官(時事通信)
AD