埼玉県警大宮署は21日、県迷惑防止条例違反(痴漢)の現行犯で、東京都中野区東中野、自称派遣社員、守友寛容疑者(32)を逮捕した。

 大宮署の調べでは、守友容疑者は21日午後7時ごろから約5分間、北浦和駅-大宮駅間を走行中のJR湘南新宿ライン下り電車内で、私立高校1年の男子生徒(16)の下半身を服の上から触るなどした。

 大宮署によると、守友容疑者は「つい出来心で」などと供述しているという。

【関連記事】
頭しか写らない? チカン対策の車内カメラに疑問
新学期の首都圏 電車内で痴漢など39人摘発
病的な性的嗜好者も…“プチ痴漢”衝撃被害
■写真でみる■ 痴漢の冤罪、手袋で阻止…男女とも安心?
痴漢→婦女暴行 巨大ターミナルで“見殺し”にされた女子高生

センター試験「現代社会」設問に疑義 「外国人参政権容認」不適切の声(産経新聞)
小沢氏を任意聴取 東京地検(産経新聞)
地球生きもの委員会設立へ(産経新聞)
「将来に不安…」妻と長男殺害の67歳逮捕(読売新聞)
JR脱線事故 遺族ら検審へ意見書提出決定(産経新聞)
AD