民主党の小沢一郎幹事長は22日夜、札幌市内で開かれた党北海道連のパーティーで約10分間あいさつした。自らの資金管理団体をめぐる事件について、小沢氏は冒頭で「毎度お騒がせしております」と陳謝した。ただ、事件に触れたのはこれだけで、23日に行われる東京地検特捜部の事情聴取にも一切言及しなかった。
 小沢氏はこの後、夏の参院選について「最終の戦いになる」と単独過半数獲得に全力を挙げる決意を強調。「参院選で皆さまの力添えをいただき、安定した政権をつくり上げ、本当の意味の国民主導、政治家主導の政治をつくり上げなければならない」と語った。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

<原口総務相>「関係者によると」発言…介入意図はない(毎日新聞)
名護市長選 移設反対派の稲嶺氏が当確(産経新聞)
当時から居住1割 被災地中3アンケート 語り継ぎ、「学校」多く(産経新聞)
<ハイチ大地震>AMDA代表ら被災者支援に出発(毎日新聞)
原発放射線管理区域内に吸い殻…原電と関電(読売新聞)
AD