全国50地検の裁判員裁判担当者らが集まった「裁判員裁判担当検事会同」が19日、東京・霞が関の法務省で開催され、千葉景子法相の訓示を加藤公一副大臣が代読した。

 訓示で千葉法相は制度について、「まずは順調にスタートしたと考えられ、裁判員候補者や裁判員となられた国民の皆様方のご協力に感謝とともに、その強い使命感に敬意を表したい」としたうえで、「制度の意義が十分に発揮されるために検察官が果たす役割は極めて重大」「今後は、複雑困難な争点のある事件の裁判が実施されることが見込まれることから万全を尽くしていただきたい」などと述べた。

【関連記事】
裁判員 名古屋地裁 全国初、取り調べDVDを証拠採用へ
裁判員2年目 課題克服し制度の定着を
貧しい被告に裕福な裁判員は不利? 趣旨反する“裁判員外し”明らかに
裁判員でどう変わった?“第1号”弁護士・検事を直撃
裁判員裁判、来年は控訴審続々「高裁なりの検討を」

民主・渡部恒三氏ら「7奉行の会」(時事通信)
第三者機関、薬食審への設置に反対相次ぐ―薬害再発防止検討委(医療介護CBニュース)
<超高層マンション>地震対策案を作成 住民と東京都中央区(毎日新聞)
【揺らぐ沖縄】与野党なぜ「傍観」 移設先困った民主/ねじれに悩む自民(産経新聞)
看護基礎教育改革の推進を文科相に要望―日看協(医療介護CBニュース)
AD