東京都は21日、今春のスギ・ヒノキ花粉飛散量を、昨春の約3割、過去10年平均の3~4割の見込みと発表した。

 飛散開始日の予測は2月7~11日ごろと平年より1週間ほど早く、飛散花粉数が多い日数は20日程度と昨春の41日から半減する見通しとなっている。

 花粉量が少ない要因として、スギ・ヒノキ花粉の成長に影響を与える7、8月の日照量が、昨夏は首都圏で例年の6~8割に止まったことなどが要因という。

 都では2月1日から携帯電話サイトやテレホンサービスなどで花粉予報の提供を始める。

自民 胆沢ダム視察へ(産経新聞)
菅家さんの録音テープ、報道陣への配布見送り(読売新聞)
【揺らぐ沖縄】名護市長選告示 普天間移設反対・容認一騎打ち 市民は冷めている(産経新聞)
鳩山内閣閣僚は小沢氏を擁護、検察・マスコミ批判、開き直りも(産経新聞)
耐震補強予定ない、65.5%=理由「お金かかる」が半数-内閣府調査(時事通信)
AD