鳩山由紀夫首相は25日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を最大の争点とした同県名護市長選で移設反対を掲げた新人が当選したことについて、「選挙結果は名護市民の一つの民意の表れだが、(政府は)移設に関する検討委員会を作っている。ゼロベースで国が責任を持って、5月末までに結論を出す。必ず、履行する」と述べ、民意を踏まえて政府が結論を出す考えを強調した。首相公邸前で記者団に答えた。

 平野博文官房長官も24日夜、「市民の声を受けて首長が誕生した結果は結果として受け止める」と述べたが、米国が計画変更に応じる見通しはなく、移設自体が白紙に戻る可能性も指摘されている。

【関連記事】
揺らぐ沖縄 自治体に「安保」委ねた首相
普天間決着、再び先送りか 首相の責任論も
選択迫られ分断 辺野古の住民に葛藤と怒り
名護市長選 移設反対派の稲嶺氏が当確
普天間問題で首相「結論先送りしてよかった」

千葉に猪口元少子化相=参院選で7人公認-自民(時事通信)
石川氏逮捕は不当=民主・石井氏(時事通信)
漫画全巻販売がヒット 大学院の経験生かす(産経新聞)
日米同盟深化、年内に成果…安保50年で首相談話(読売新聞)
首相「試練だ」 国会開会で危機感(産経新聞)
AD