性犯罪を初めて審理した裁判員裁判で強盗強姦(ごうかん)などの罪に問われ、一審青森地裁で懲役15年とされた無職田嶋靖広被告(23)の控訴審第1回公判が20日、仙台高裁(志田洋裁判長)であった。控訴した弁護側が減刑を求め、即日結審。判決は2月17日に言い渡される。
 弁護側は、問われたうち、少年時の強盗強姦事件は「強姦前に金銭要求の行為はなく、犯行状況から強盗強姦罪は成立しない」などと減刑を訴え、検察側は「襲いかかる直前に強盗を考えていた」として控訴棄却を求めた。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
【特集】裁判員制度
強盗殺人容疑で59歳男逮捕=靴底に被害男性の血か
強盗殺人容疑で男再逮捕へ=マンションで男性殺害
ほかにも男2人が関与か=11年前の男性殺害

ガス田合意違反なら「しかるべき措置」 日中外相会談で岡田外相が警告(産経新聞)
小沢氏余裕「いつでも説明」 潔白と権力保持へ強気(産経新聞)
淡路島でスイセン見ごろ(産経新聞)
水俣病未認定訴訟で和解勧告=原告と国、主張に隔たり-今後の協議難航も・熊本地裁(時事通信)
普天間決着「言質ある」…米国務次官補(読売新聞)
AD