中国産こんにゃく粉を密輸入し関税などを免れようとしたとして、横浜税関は22日、関税法違反などの疑いで、食料品輸入販売業「新和貿易」(東京都豊島区)を横浜地検に告発した。業者は容疑を認めているという。
 横浜税関によると、同社は農家保護のため高い関税率が設定されているこんにゃく粉に比べ、白滝こんにゃくの関税率が低いことを利用。2006年12月、こんにゃく粉約16トンを白滝こんにゃく約15トンと偽って中国から輸入し、関税や消費税など約4700万円の納付を免れようとした。税関本牧埠頭(ふとう)出張所の検査で発覚した。 

【関連ニュース】
覚せい剤原料の錠剤密輸=逮捕の輸入業者を告発
食肉仲介業者ら3人告発=関税法違反容疑、豚肉脱税
コルセットに隠し金密輸=韓国人の女逮捕
豚肉輸入で21億円脱税=差額関税悪用、会社役員を逮捕
金地金1200キロ密輸で逮捕=消費税など脱税

<本屋大賞>候補に「1Q84」や「横道世之介」(毎日新聞)
ガス田合意違反なら「しかるべき措置」 日中外相会談で岡田外相が警告(産経新聞)
民主党やテレ朝に銃弾?入り封筒 小沢幹事長絡みの文書同封(産経新聞)
「日本人は太っていなくても糖尿病になりやすい」認知度は4割未満(医療介護CBニュース)
<中津川5人殺害>26日に名古屋高裁で判決 判断に注目(毎日新聞)
AD