警察庁の安藤隆春長官は20日、島根県立大1年平岡都さん(19)の遺体遺棄事件の捜査本部が置かれた県警浜田署を激励に訪れた。約80人の捜査員を前に「多くの国民に計り知れない不安を与えている重大事件で、日本の将来の治安にも影響を与えかねないと認識すべきだ」と訓示。「必ず解決するという強い使命感と一致団結がカギを握っている。強い思いがあれば必ず道が開ける」と力を込めた。
 安藤長官はヘリコプターで遺体が発見された広島県北広島町の臥竜山なども視察。最後に、県立大で平岡さんの写真に献花し、黙とうした。 

【関連ニュース】
女子大生遺棄でフリーダイヤル=情報提供呼び掛け
遺体にポリ袋付着=文字やマーク、電話帳配布用か
遺留品の捜索打ち切り=女子大生遺棄事件で
靴発見、手掛かりと注目=トラブルなく捜査難航
靴、最近置かれた可能性=前日、付近で不審車目撃

天皇公的行為で政府見解へ=平野官房長官が表明-衆院予算委(時事通信)
【このまま気まま】編集委員・荻原靖史 龍馬は、日本の希望じゃ(産経新聞)
「カルガモ走法」でETCすり抜け=計460回か、運送業者逮捕-兵庫県警(時事通信)
<TBS>不適切取材 車に無断で発信機も(毎日新聞)
【遠い響・近い声】特別記者・千野境子 年賀状に見る意思と雄弁(産経新聞)
AD