昨年8月の衆院選投票日前、和歌山市が市内22カ所の個人宅に投票箱を配送し、投票日まで預けていたことが21日、分かった。同市選挙管理委員会は選挙のたびに実施しており、長年引き継がれてきたと説明。今後は保管方法を考えたいとしている。
 市選管によると、昨年8月30日の衆院選投票日前までに、投票所に当てられる学校などに近い個人宅22軒に投票箱各3個を業者を使って配送した。投票箱は投票日当日か前日、市職員が引き取り、投票所に設置したという。
 送り先は市選管で引き継がれたリストに基づいて選び、事前に文書を送っていたという。ただ、各戸に承諾を得るようなことはしておらず、投票箱が届いた住民の中には、驚いて苦情を申し入れた人もいた。
 市選管は理由について「選挙当日は朝が早い」「投票所が前日に使用されているケースもあるため」と説明。いつから続いているか、はっきりしないとしている。
 投票箱を預かった同市の男性は「父の世代から引き受けており、50年近くになるのではないか」と話した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

青木氏“ゾンビ出馬”…「古い自民」変わらず(スポーツ報知)
民主対策チーム「行政への圧力」=大島氏(時事通信)
矛盾と謎 不可解説明 政治資金めぐり 小沢氏強気どこまで…(産経新聞)
公衆トイレに女性の遺体=「母親殺した」と電話-神戸(時事通信)
小惑星探査機 「はやぶさ」地球引力圏の軌道に(毎日新聞)
AD