愛知県西尾市の勝山寺で、節分の縁起物のくま手作りが最盛期を迎えている。「福をかき集め、幸せをつかんでほしい」との願いを込め、31日の節分会で、3500~1万円で販売する。

 長さと幅各50センチの竹に、扇を広げる。中央に家内安全や商売繁盛を願うおかめの面か、厄払いのてんぐの面のどちらかをつける。周りにタイや千両箱、サイコロ、当たり矢、太鼓などの飾りをつけ、約3000本作る。

 寺のくま手作りは、約300年前から続いている。【中村宰和】

【関連ニュース】
赤鬼:4メートル、仁王門前に登場--揖斐川・華厳寺 /岐阜
経済ファイル:全国のイオングループ各店で「恵方巻き」予約受付中 /中国
まちかど:三島市・節分の厄よけ豆袋詰め /静岡
福升作り:成田山新勝寺で始まる 来月3日「節分会」 /千葉
けいざい・しずおか:恵方から福を ホテルアソシア静岡、節分メニュー /静岡

皇太子ご夫妻、震災遺族と懇談(時事通信)
小沢氏に聴取再要請、陸山会4億円で…東京地検(読売新聞)
<虚偽記載容疑>3人の拘置決定 「陸山会」の土地購入巡り(毎日新聞)
<掘り出しニュース>100歳の佐々木佼さん「電柱で死ねたら本望」 現役街灯保守人(毎日新聞)
<自民党>外国人の選挙権は反対方針(毎日新聞)
AD