東京大は22日、2010年度一般入試では例年通り、追試験を行わないと発表した。新型インフルエンザの流行で、文部科学省や国立大学協会が追試など特例措置の実施を求めたが、東大は前期・後期日程の両試験で受験機会は確保できると判断。インフルエンザだけを理由に追試を行えば公平性確保の点で懸念があるとも指摘した。 

大阪府内の私立高専願率が7年ぶりに上昇(産経新聞)
不破前議長、引き続き要職に=准中央委員は大幅若返り-共産(時事通信)
<党首討論>補正予算の月内成立条件に開催 3与党が打診へ(毎日新聞)
シーレーンは他国任せ 海自がインド洋から撤収(産経新聞)
レーザーポインター違法販売 大阪府警 容疑で逮捕へ(産経新聞)
AD