渡部恒三元衆院副議長は17日のフジテレビ「新報道2001」で、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる事件について、「(小沢氏は)説明責任を果たしたことにはならない」と注文を付けた。さらに「潔白ならば、東京地検(の事情聴取)に行くべきだ」との質問には、「その通りだ。国民に疑惑を持たれたことだけでも道義的責任はある」と述べた。

【関連記事】
小沢氏側への裏献金 山崎建設「5千万円渡した」
隠語「深沢銀行」 カネの力で権勢伸ばす
「不動産は小沢先生の趣味だ」
民主党議員は腰抜けか 小沢氏「続投宣言」に無言
石川容疑者、旧知の議員に「死にたい」 不安漏らす

ゆるキャラ関西チーム、香港へ海外遠征(産経新聞)
小沢氏側にゼネコン60社、名簿15万人分提出(産経新聞)
柏崎原発6号機も営業運転再開=中越沖地震後2例目-東電(時事通信)
パトカーに追われ逆送しトラックと衝突、男女2人重傷 栃木(産経新聞)
<八ッ場ダム>千葉地裁も原告の訴え棄却 建設負担金訴訟(毎日新聞)
AD