小中学校に設置した風車が回らず、発電事業が実現しなかったとして、茨城県つくば市が業務を委託した早稲田大学などに約3億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は20日、早大に約2億円の支払いを命じた一審判決を変更し、早大に約8950万円の支払いを命じた。
 小林克已裁判長は、つくば市は事前に風力発電の事業化は困難と把握していたと指摘。交付金が出る国のモデル事業に選ばれるため、風が弱く風車の稼働率が低いことなどを早大に伝えていなかった同市の過失は格段に重いとして、早大の過失割合を3割にとどめた。 

【関連ニュース】
自治体の「25%削減」支援=地域ぐるみで温暖化対策
所得補償法案、国会提出先送り=農水相
10アール1万5000円を一律支給=コメ所得補償で詳細
24道府県が減産=10年産米の生産目標
戸別所得補償の対象限定=地方・農家が費用負担も

<NHK>朝ドラ4月から8時開始に 時間変更は48年ぶり(毎日新聞)
ブランド店で900万円相当盗難=男3人、ガラス割り侵入-大阪(時事通信)
八ッ場ダム予定地、湯かけ祭りに沸く…群馬(読売新聞)
「ニューロタン」など主要製品の共同販促へ―万有とシェリング(医療介護CBニュース)
未明、和歌山市でコンビニ強盗(産経新聞)
AD