15日午後6時45分ごろ、東京都板橋区大山町のマンションから男の声で「包丁で私が人を刺しました。包丁は置いてあります」と110番があった。警視庁板橋署員が駆けつけたところ、この部屋の住人の飲食店店員の女性(23)が背中から出血しながら、ベッドの上にあおむけで倒れているのを発見。近くにいた会社員、緑川秀明容疑者(37)=埼玉県新座市野火止=を殺人未遂の現行犯で逮捕した。女性はけがの程度は不明だが、意識はあるという。

 同署によると、2人は同日午後0時半ごろから、マンションにいたとみられる。室内の食器棚の上には、凶器とみられる文化包丁が置かれていた。緑川容疑者は、「ペットをめぐって口論になり、女性を刺した。自分も死のうと思った」という趣旨の説明をしているといい、同署が詳しい動機などを調べている。

【関連記事】
病院で患者が知人刺す 姫路、金銭トラブル
元厚生次官ら連続殺傷 論告要旨(上) 「残忍極まりない凶悪な犯行」
元厚生次官ら連続殺傷 小泉被告に死刑求刑
再雇用断られ元同僚の首切りつける 男を逮捕
妻をナイフで刺す…容疑の大工、逮捕 新潟

鳩山首相、党大会で自身の疑惑「終結した」(産経新聞)
こわばる民主議員、小沢氏に説明求める声(読売新聞)
水谷元幹部の名刺押収 石川議員事務所から(産経新聞)
<日本国際賞>岩崎・東北工業大理事長ら2氏が受賞(毎日新聞)
衆院予算委 「貧乏人は喫煙するな」か! 民主・吉田公氏、増税批判(産経新聞)
AD