東京都港区南青山のマンションの一室で住人の飲食店経営、五十嵐信次(のぶじ)さん=当時(74)=が殺害された事件で、警視庁赤坂署捜査本部は20日、強盗殺人の疑いで、別の器物損壊事件で逮捕、起訴されていた住所不定、無職、伊能和夫被告(59)を再逮捕した。

 捜査本部によると、伊能容疑者の靴底に五十嵐さんのものとみられる微量の血痕が付着。マンションの手すりには伊能容疑者の指紋がつき、付近の防犯カメラに伊能容疑者と酷似した男が写っていた。伊能容疑者は黙秘しているという。

 逮捕容疑は、昨年11月15日午後3時ごろ、金品を強奪するために五十嵐さん方に侵入し室内を物色、部屋の中にいた五十嵐さんの首を刃物で突き刺すなどして殺害したとしている。

 伊能容疑者は平成元年11月、妻を刺殺して自宅に放火し、3歳の娘を焼死させたなどとして、千葉地裁から殺人などの罪で懲役20年の実刑判決を受け服役していた。昨年5月に出所してから、建設関係などの仕事を転々としていたという。

【関連記事】
南青山男性殺害 器物損壊で逮捕の男、現場の指紋と一致
南青山の男性殺害 被害者の財布発見 怨恨と物取りで捜査
タンスに物色の形跡、物取りか 南青山の男性刺殺
東京・南青山で変死の男性、首に切り傷 警視庁が殺人事件で捜査
「指は中国で手術した」 生体認証破った女が供述

【産経・FNN合同世論調査】菅副総理「残念だが跳ね返せる」 官房長官は「真摯に受け止める」(産経新聞)
【揺らぐ沖縄】与野党なぜ「傍観」 移設先困った民主/ねじれに悩む自民(産経新聞)
100年間進化のない「カレーうどん」を変えろ プロジェクト発足(産経新聞)
官僚答弁禁止法案を補正成立後に提出 民主が確認(産経新聞)
16日からセンター試験=大学受験シーズン到来-インフル対策で個別追試も(時事通信)
AD