自民党経済政策調査会(与謝野馨会長)は19日、平成22年度予算案の対案骨子をまとめた。政府案の92兆円より3兆円少ない89兆円。景気を2年以内に実質2%回復させ、基礎的財政収支を10年後に黒字化させることを目標に掲げ、21年度当初予算に社会保障費の自然増分を加算した額に抑えた。

 子ども手当や農家への戸別所得補償、公立高校無償化などを廃止し、公務員人件費を1割カットさせたことで政府案から5・1兆円を削減。代わりに1・3兆円の「官邸重点枠」を設け、幼児教育無償化や雇用対策、農地集積事業などに特化するとした。

【関連記事】
2次補正の経済効果「GDP0・3%押し上げ」 菅財務相
景気対策、財政再建でも激論必至 「政治とカネ」と波状攻撃
府税収入1兆円割れ…橋下知事、予算で議会と初の意見交換
谷垣氏も首相と小沢氏追及へ 自民、集中審議開催要求
鳩山政権 視界「ゼロ」

「日本は昔の小切手外交に逆戻り」 海自インド洋撤収で英専門家(産経新聞)
<人工歯根>使い回し疑いの歯科医院長、自殺図る 愛知(毎日新聞)
【中医協】先進医療12技術の保険導入を了承(医療介護CBニュース)
高見順賞に岡井、岸田の2氏(時事通信)
<振り込め詐欺>2グループ15人、未遂容疑で逮捕(毎日新聞)
AD