地方政策が都市圏偏重だとして、都道府県の中でも「田舎」の山形、福井など9県の知事が21日、「自立と分散で日本を変えるふるさと知事ネットワーク」を設立した。

 東京都や大阪府など大都市圏も「地方」としてひとくくりにされがちな中、人口が少なかったり、社会基盤整備が遅れていたりする「田舎」県の実情を踏まえ、今夏の参院選までに政策提言をまとめたいとしている。

 9県で政策の共有や情報交換、職員交流などを行っていくという。

 福井県の西川一誠知事が呼びかけた。ほかに青森、山梨、長野、奈良、島根、高知、熊本の各県知事が参加している。

<土地購入事件>閣僚からの批判なく 一部で検察への疑念も(毎日新聞)
雑記帳 500系“引退”記念バウムクーヘン(毎日新聞)
内閣法制局長官、通常国会に出席させず…政府(読売新聞)
<愛知県>一般職給与4%減 2年連続抑制へ(毎日新聞)
【剛腕の威光】(4)小沢氏側近逮捕 「天の声」期待(産経新聞)
AD