東京地検の佐久間達哉特捜部長は15日、石川議員の逮捕後の会見で、通常国会開会直前というタイミングについて「緊急性があった」と説明。一時連絡が取れなくなった元私設秘書、池田光智容疑者が自殺する恐れがあったことを示唆した。

 午後10時50分に始まった会見で佐久間部長は「証拠隠滅の恐れがあった」と逮捕の必要性を強調。記者が「(池田容疑者の)自殺の可能性も考慮したのか」と質問すると「否定はしない」と認めた。そのうえで立件額が3500万円だった西松建設の違法献金事件と比べ「金額だけ見ても悪質」と語った。小沢氏の関与や4億円の原資などについては「今日はコメントしない」と述べた。【大場弘行】

【関連ニュース】
石川衆院議員:東京地検が逮捕…小沢氏の元私設秘書も
石川衆院議員:政治資金規正法違反容疑で逮捕へ…東京地検
陸山会会計処理:石川議員元秘書が「証拠隠した」と上申書
陸山会土地取引:「1億円は小沢氏側要請」水谷建設元幹部
西松違法献金裁判:窓口役の部長が証言 来月26日結審へ

ふんどし姿の奇祭「湯かけ祭り」 八ツ場ダム水没予定地(産経新聞)
加湿器発火4件、6万台リコールへ(読売新聞)
救急病院で受診の軽症患者、特別料金を検討(読売新聞)
無許可で職業紹介業営業、中国籍の姉弟逮捕 警視庁(産経新聞)
「普天間」争点に一騎打ちへ=沖縄・名護市長選、17日告示(時事通信)
AD