皇太子ご夫妻は17日、神戸市中央区の兵庫県公館で行われた「1・17のつどい-阪神・淡路大震災15周年追悼式典」に出席された。

 皇太子さまはお言葉の中で、先日ハイチで発生した大地震の犠牲者に哀悼の意を表した上で、「震災から15年、この間も各地で大きな災害が発生しました。兵庫の経験と教訓が、これらの被災地での被害の軽減や復旧・復興にいかされてきたことは、大変意義深いことと思います」と述べられた。その後、ご夫妻はそろって献花、犠牲者の冥福を祈られた。

 式典後、ご夫妻は震災によって家族などを失った遺族の代表と懇談される。

【関連記事】
安藤忠雄さん、阪神大震災「あの時のひたむきさ 思い出して」
阪神大震災犠牲者6434人を永遠に忘れぬ モニュメント50カ所
阪神大震災で建物倒壊跡地 5年前とほぼ同じ
各地で犠牲者追悼「伝える」思い新たに 阪神大震災
阪神大震災 命の重み受け止めた生徒たち

<日医会長選>分裂 民主派が出馬表明 現職と一騎打ちへ(毎日新聞)
デフレ克服、景気回復確実に=2次補正案提出で財政演説-菅財務相(時事通信)
「貸付金」改めて主張=石川議員、再聴取に供述維持(時事通信)
JACボンバル機、大阪・伊丹へ引き返す 車輪格納できず(産経新聞)
小沢氏はきちんと説明を=社民・福島氏(時事通信)
AD