東アジアと中南米の関係強化に向け、34カ国の外相らが参加して都内で開かれた「アジア中南米フォーラム」は17日、地球温暖化防止のため途上国への環境技術支援を促進することなどを柱とする「東京宣言」を採択して閉幕した。深刻な震災被害を受けたハイチの再建支援も確認した。
 東京宣言は、京都議定書後の温暖化防止枠組みをめぐる交渉が今年メキシコで開催される国連気候変動枠組み条約第16回締約国会議(COP16)で妥結するよう「建設的に取り組む」と明記。先進国から途上国への環境技術移転が円滑に進むよう、関税障壁の撤廃・引き下げを目指すことも盛り込んだ。 

【関連ニュース】
【特集】写真で振り返る阪神大震災
〔写真特集〕ハイチ大地震
同盟深化、見えない具体像=影落とす普天間
日米安保、19日で50年=同盟深化の声明発表へ

長崎・漁船遭難、海底の船を山田丸と確認(読売新聞)
<人工歯根>使い回し疑いの歯科医院長、自殺図る 愛知(毎日新聞)
千葉法相が参政権で「議員立法が適切」(産経新聞)
拉致解決「困難だが期待」=飯塚代表ら、米特使と面会(時事通信)
シーレーンは他国任せ 海自がインド洋から撤収(産経新聞)
AD