独BMWの輸入元は21日、「540i」「545i」など乗用車15車種の制動倍力装置部分に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象は2001年7月~09年10月製造の2万2056台。真空ポンプの配管に取り付けられたバルブの材質が不適切で、ブレーキの利きが悪くなる恐れがある。
 マツダE&Tも同日、「ワゴンR」「AZ-ワゴン」を車いす移動車に改造した06年5月~09年9月製造の5407台について、燃料ポンプ部分の不具合があるとして、リコールを届け出た。テスト時にポンプの弁が脱落したものがあり、燃料漏れの恐れがある。 

【関連ニュース】
【特集】話題の車-エコカー新時代到来=時事ドットコム編集部が徹底検証
アウディ、最小型車を来年日本で発売=BMWのミニに対抗
輸入車、17年ぶり20万台割れ=ピーク時の4割に
業務用ポンプ1082台リコール=三洋電機
トラック1600台リコール=観光バスの改善対策も

病院や老健などを緊急保証制度の対象に―全老健が要望(医療介護CBニュース)
司馬さん愛した庭“復元” 記念館が隣接地を購入(産経新聞)
<火災>ラーメン店半焼 客死亡 埼玉・越谷(毎日新聞)
<陸山会会計処理>石川議員元秘書が「証拠隠した」と上申書(毎日新聞)
「めざましテレビ」がプロデュース 銀座の目玉 全国の名産品集合(産経新聞)
AD