夫とともに4歳だった長男を衣装ケースに閉じこめて死なせ、冷蔵庫に遺体を放置したとして、逮捕監禁致死と死体遺棄の罪に問われた母親の無職、大塚美由紀被告(34)の裁判員裁判の判決公判が18日、神戸地裁姫路支部であった。五十嵐常之裁判長は「身をていしても守らなければいけない立場にあったにもかかわらず、夫の暴行を黙認し、母親としての責任と自覚が感じられない」として、懲役6年(求刑懲役8年)を言い渡した。

 弁護側は「積極的に加担したわけではなく、虐待を止められなかった」と主張したが、五十嵐裁判長は判決理由で「衣装ケースに閉じこめるなどの具体的な方法について賛成し、協力行為も行っている」とした。

 判決によると、大塚被告は夫(35)=懲役9年6月が確定=と共謀し、平成19年7月13日、自宅で前夫との長男の颯太君の両手足をロープで縛って衣装ケースに押し込み放置。熱中症で死亡した颯太君の遺体を冷蔵庫の野菜室に入れて隠した。

【関連記事】
冷蔵庫男児遺体、監禁致死の父親に懲役9年6月
法廷でプレイ激白!被告“ドS”趣味に裁判員“ドン引き”
虐待死「悔やみきれぬ」父に求刑懲役10年
児童虐待死で初審理、35歳父認める 地裁姫路支部
4歳長男放置死、冷蔵庫に遺棄 両親を再逮捕

JAL「格安航空」に進出 再生支援機構が検討(J-CASTニュース)
魁皇に顕彰を検討 平野博文官房長官(産経新聞)
2日ぶり国会、問いかけに答えず=小沢氏(時事通信)
「ミス」一転、虚偽認める 石川容疑者 「小沢氏の指示ではない」(産経新聞)
デフレ克服、景気回復確実に=2次補正案提出で財政演説-菅財務相(時事通信)
AD