宮城県は16日、名取市田高のレストラン「びっくりドンキー名取店」で食事をした県内の1~44歳までの男女13人が嘔吐(おうと)や下痢、腹痛などの食中毒症状を発症したと発表した。このうち4人が仙台市内の病院に入院し、現在も3人が入院中だが、重症者はなく全員快方に向かっているという。

 県によると、13人は14~15日にかけて同店でハンバーグやパフェ、フライドポテトなどを食べ、2~5時間後に発症したという。県では13人が共通して食べた食品などを調べ、同店で提供した食事が食中毒の原因と断定、病因物質の特定を急いでいる。塩釜保健所岩沼支所は同店を16日から3日間の営業停止とした。

 びっくりドンキーは、札幌市のアレフ(庄司昭夫車社長)がチェーン展開するレストラン。低価格なハンバーグなどで人気があり、全国で297店舗、宮城県内では13店舗が営業している。

 同社広報では「食中毒の発生は(昭和43年の)創業以来初めてだと思う。事態を重く受け止め、今後こうしたことがないよう、再発防止に努めていきたい」としている。

【関連記事】
高校の食堂で女子高生13人食中毒 さいたま
ノロウイルスで66人食中毒 栃木県
山形の病院で19人食中毒 ノロウイルス検出
クリスマスケーキで34人食中毒 茨城・鉾田
給食食べた園児ら112人下痢、おう吐 神奈川

<北沢防衛相>インド洋撤退命令 給油活動終了(毎日新聞)
<原口総務相>検察側への注文だった…「関係者」発言で弁明(毎日新聞)
<再診料>時間外対応の診療所など加算 厚労省政務官が示唆(毎日新聞)
看護職員の確保・定着に積極的取り組みを-医政局(医療介護CBニュース)
更生法申請「経営の結果」=平野官房長官(時事通信)
AD