22日午前5時15分ごろ、大分市顕徳町のJR日豊線東新町踏切付近で、車両センターから大分駅に向け回送中の列車(7両編成)が線路上に置かれていた自転車に衝突した。乗客はおらず運転士にもけがはなかった。県警大分中央署は列車往来危険容疑で捜査している。
 車両に大きな損傷はなく、午前6時5分ごろに運転は再開された。
 同署によると、自転車は踏切付近の線路上に置かれていた。付近の民家から同じ型の自転車がなくなっていたという。
 この事故で、上り列車1本が運休したほか、同4本に遅れが生じ乗客約200人に影響した。 

【関連ニュース】
列車衝突、乗客ら11人けが=除雪車と正面からか-JR富良野駅・北海道

第三者機関、薬食審への設置に反対相次ぐ―薬害再発防止検討委(医療介護CBニュース)
法相、「捜査は公平公正」=小沢氏団体事件で閣僚発言(時事通信)
<自民党>新綱領原案まとまる 新憲法制定など掲げ(毎日新聞)
地域限定で対策期間=振り込め詐欺で警察庁長官(時事通信)
小沢幹事長「できる限り公正な捜査に協力する」(産経新聞)
AD