民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で逮捕された公設第1秘書、大久保隆規容疑者(48)について検察と弁護側、東京地裁が21日、協議を行い、今月26日に予定されていた西松建設の違法献金事件の第3回公判期日を取り消すことで合意したことが関係者への取材で分かった。

 大久保容疑者は昨年3月、西松建設事件で逮捕、起訴された。第3回公判では大久保容疑者の被告人質問が行われる予定だった。しかし、今回の逮捕で26日は勾留(こうりゅう)中となる見通しのため、検察側が公判期日の延期を申し入れていた。

【関連記事】
大久保被告「小沢氏の相続資産」 土地購入代金、石川容疑者が供述
意地の特捜部、対決姿勢の小沢氏
断てぬ「利益誘導」政治…田中・金丸直系の小沢幹事長
裏献金、鹿島が指示か 水谷建設に「あいさつに行った方が」
「任意捜査では解明できない」と判断 小沢氏の関与、随所に

荷役業者殺害で懲役17年=裁判員「裁判官だけなら15年かも」-静岡地裁(時事通信)
融資名目、2億5000万詐取 容疑の東電元幹部ら逮捕へ(産経新聞)
課税停止、160円程度で調整=ガソリン税の特別税率-政府税調(時事通信)
先進12技術を「保険導入が妥当」と判断-専門家会議(医療介護CBニュース)
小沢氏が聴取応諾…東京地検、夫人にも要請(読売新聞)
AD