鳩山由紀夫首相は20日朝、民主党の小沢一郎幹事長が自らの資金管理団体「陸山会」による土地購入をめぐる事件に関し、東京地検特捜部から求められている任意の事情聴取に応じる意向を示していることについて「幹事長ご自身の判断で(聴取に対する説明が)行われるのが望ましい。身の潔白をいかに説明するかということが求められているのだから、できるだけ早く身の潔白を説明するのが望ましい」と述べた。

 早期に聴取に応じるべきだとの考えを示した発言だ。首相公邸前で記者団に語った。

【関連記事】
世界の注目指導者3位に小沢氏、首相は入らず 米調査会社
民主調査チーム 疑惑解明を妨害する気か
「小沢氏、幹事長とどまれば批判起こる」前政権お膝元の福岡県知事
鳩山・小沢氏はバッジを外せ 党内の政権交代こそ改革
小沢事務所への献金は“みかじめ料” 東北の談合

<文科省>小中学校の40人学級見直しへ 30年ぶり(毎日新聞)
<連れ去り>車内の乳児、5分後に屋外で保護 名古屋(毎日新聞)
「特捜部にも説明責任ある」…中井公安委員長(読売新聞)
小沢氏の政治資金問題 本格政権を目前にしたハードル(産経新聞)
首相、小沢幹事長変えず「内閣として一致結束」 陸山会強制捜査で(産経新聞)
AD