落語協会(鈴々舎=れいれいしゃ=馬風会長)は21日、東京都内で理事会を開き、柳家小三治さん(70)を次期会長に内定した。

 3月の総会で正式決定する。任期は6月から2年間。

 小三治さんは59年、五代目柳家小さんに入門。69年、真打ちに昇進し、十代目小三治を襲名した。

 古典落語の第一人者で、これまでに芸術選奨文部科学大臣賞、紫綬褒章などを受けている。オートバイやスキーなど、多趣味でも知られる。

 落語協会では理事を務めていた。

父の忍耐しのぶ=直木賞の白石一文さん(時事通信)
<雑記帳>遠野の「語り部」289人を認定(毎日新聞)
ハイチに500万ドル緊急支援=政府(時事通信)
首相「大変驚いている」…石川議員逮捕(読売新聞)
子ども手当支給で内閣支持回復…民主・山岡氏(読売新聞)
AD