環境省は19日、環境保護に関する南極条約議定書などに基づき、日本として初めて南極の各国基地を査察すると発表した。26日から3週間の日程で、国立極地研究所の専門家ら5人を派遣する。

 査察団は、昭和基地のある地域に各国が設置している15基地のうち、5、6カ国の基地を訪れる。廃棄物が適正に処理されているかや自然エネルギー利用など最新の環境対策を確認して報告書にまとめ、条約協議国会議に提出する。

【関連ニュース】
シー・シェパード:抗議船、油流し南極海を漂流
反捕鯨団体:弱酸性の液体投げ妨害 南極海
しらせ:厚い氷で難航 例年の倍、2~3メートル
巨大氷山:南極海から豪大陸へ漂流 伊豆大島の1.5倍
調査捕鯨:シー・シェパード船衝突 抗議船、沈没せず南極海を漂流

<陸山会土地取引>「1億円は小沢氏側要請」水谷建設元幹部(毎日新聞)
年中楽しめるサクラ開発=開花に冬の寒さ要らず-加速器で品種改良・理研など(時事通信)
<年金不正後払い>旧社保庁担当者ら218人厳重注意処分(毎日新聞)
棋聖戦七番勝負、台北対局始まる(読売新聞)
普天間「早く解決を」=防衛・外務両相と会談-米上院議員(時事通信)
AD