全国都道府県議会議長会(会長・金子万寿夫鹿児島県議会議長)は21日、都内で総会を開き、永住外国人に地方参政権(選挙権)を付与する法案について、政府が法案を国会提出する前に、地方側の意見を聴くよう求める特別決議を採択した。週明けにも民主、自民両党など与野党6党と意見交換することも申し合わせた。

 決議では、参政権付与に関し、「民主主義の根幹にかかわる問題であるとともに、地方自治体のあり方に重大な影響を及ぼす」と指摘。そのうえで、拙速に法案を国会提出すべきではなく、「地方の意見を十分に聴くよう強く求める」としている。

【関連記事】
「朝日新聞が世論調査捏造」と話題に 名護市の情勢調査と混同
外国人参政権反対 自民議連再開
国民新党が総務省に通告「参政権法案は厳しい」
外国人地方参政権付与法案には「反対」 自民・谷垣氏
自民が外国人地方参政権付与に反対する議連の活動を再開へ

<寒気>九州・山口全域で雪 交通に乱れ(毎日新聞)
名護市長選 新人と現職が立候補 普天間移設にも影響(毎日新聞)
<石川議員逮捕>土地購入原資「小沢氏が相続の金」(毎日新聞)
外国人参政権反対 自民議連再開(産経新聞)
政府税調 専門家委座長に神野直彦・関西学院大教授で調整(毎日新聞)
AD