自民党の大島理森幹事長は19日午前の記者会見で、民主党が小沢一郎幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる事件に関し、捜査情報漏えい問題対策チームなどを設置したことについて、「意図は何なのか。行政に対する政治的プレッシャーなのか。品性に欠けるやり方だ」と批判した。
 大島氏はまた、「この問題に批判的な言辞が何も出てこないという恐怖政治的なにおいを感じる。民主党の民主主義は一体どうなっているのか疑問に思わざるを得ない」と述べた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

<火災>ビルの1室焼け、1人暮らしの70歳死亡 東京(毎日新聞)
「子ども手当」どう使う? 関西ママは節約志向(産経新聞)
普天間移設 5月までに解決確信…イノウエ氏、首相と会談(毎日新聞)
<訃報>エリック・ロメールさん89歳=フランスの映画監督(毎日新聞)
入院基本料の「適正化」、引き下げなら反対-日医(医療介護CBニュース)
AD