鳩山由紀夫首相は19日午前、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる事件で、小沢氏が東京地検特捜部の任意の事情聴取に応じる方針を固めたことについて「(聴取を)受けるか受けないかという話は、小沢幹事長ご自身が判断されることだ」と述べた。

【関連ニュース】
小沢氏聴取要請:首相「必要に応じ自身で判断を」
日米安保:調印50年 首相「普天間が試金石」
鳩山首相:検察捜査に介入せず 改めて幹事長続投を容認
名護市長選:首相、移設検討への影響の可能性認める
小沢幹事長続投:「検察とどうぞ戦って」首相、一蓮托生

第三者機関、薬食審への設置に反対相次ぐ―薬害再発防止検討委(医療介護CBニュース)
西新橋で早朝火災、11棟焼く(読売新聞)
「ニューロタン」など主要製品の共同販促へ―万有とシェリング(医療介護CBニュース)
「玻」「鷹」に追加要望多数…常用漢字第2試案(読売新聞)
党首討論開催、与党判断に委ねる…官房長官(読売新聞)
AD