気象庁は21日、大雨などの気象警報と注意報を5月から市町村単位で発表することを決めた。

 集中豪雨など局地的な災害に対応するため。新方式では東京23区や離島を含め、現在の約5倍の1777地域に細分化される予定だ。

 実際に市町村単位で判定するのは、大雨、洪水、高潮の3種類。予測雨量などの情報を基に、機械が自動的に判断し、市町村などの防災担当部局や報道機関に伝える。新方式になると「東京都千代田区で大雨警報、中央区で大雨注意報」といった、きめ細かい発表が可能になる。

 新区分での警報と注意報は、気象庁のホームページや、携帯電話の防災情報サイトなどに掲載する。

「首相、小沢氏と一蓮托生まずい」7奉行が会合(読売新聞)
<寒気>九州・山口全域で雪 交通に乱れ(毎日新聞)
名護市長選、普天間に影響も=鳩山首相(時事通信)
被害者遺族、情報求め資料配布=発生から3年、京都精華大生殺人(時事通信)
寒気 東海地方も雪景色 岐阜で積雪8センチ(毎日新聞)
AD