古川元久内閣府副大臣(国家戦略室長)は14日の記者会見で、2011~13年度の複数年度予算の枠組みや新たな財政再建目標の策定に向け、国家戦略室に中期的な財政運営に関する検討会を設置すると発表した。近く初会合を開き、3月までに論点を整理したい考え。
 戦略室は検討会の論点整理を踏まえ、6月をめどに11~13年度の歳入・歳出の骨格を示した「中期財政フレーム」や、新政権の財政再建目標を含めた「財政運営戦略」を策定する方針。古川副大臣は「中期財政フレームの具体化は、政治的な検討プロセスを経ることになる」と述べ、与党内の調整が必要になるとの認識を示した。 

【関連ニュース】
10年度、実質1.4%成長=景気「緩やかに回復」
「埋蔵金」活用、結論出ず=国民新が増額要求
「研究開発法人」の検討開始=来年2月に制度設計
国債発行「約44兆円以内」=埋蔵金は最大限活用
基本方針、来週にずれ込み=10年度予算編成で

水仙娘が福井の特産品PR(産経新聞)
鳩山首相、小沢氏続投を了承=「身の潔白信じる」(時事通信)
首相「大変驚いている」…石川議員逮捕(読売新聞)
<陸山会会計処理>石川議員元秘書が「証拠隠した」と上申書(毎日新聞)
教育費のため食費節約54.8% 東北のローン利用者調査(河北新報)
AD